バセドウ病 悩み解消.COM

バセドウ病 悩み解消.COMの紹介ページです。


バセドウ病とは?


バセドウ病は、体に大切な甲状腺ホルモンが異常に機能亢進する疾患です。

甲状腺に刺激を与える抗体が体の中でできてしまうことによって起こり、自己免疫疾患、つまり自分の甲状腺臓器を自分の中のものとみなさず、異物と認識しまって攻撃しているような疾患です。

そのため、甲状腺ホルモンが非常に多く出てきます。ホルモンは体のいろいろな部分で機能しているので、非常に多く出てしまうといろいろな弊害が出ます。

抗体とは、本来細菌などの異物に対して作られて、体を守る役目を持っています。
甲状腺は自分の体の一部ですから、甲状腺に対する抗体ができることは異常なことなんですね。

このような自分の体に対する抗体を自己抗体と呼び、バセドウ病も自己抗体によって起こる病気です。

なぜ甲状腺に対する自己抗体ができるかは、まだわかっていません。自己抗体で刺激された甲状腺は、必要以上の甲状腺ホルモンを作り、甲状腺機能亢進症という症状を生じます。

亢進のために、甲状腺ホルモンが過多になり、そのため体重減少、食欲過多、多汗、動悸などの活動性更新になる疾患です。
非常に疲れやすくなったり、また人によっては精神的な変化も起こることもあります。

甲状腺は腫れて来て、眼球突出なども見られます。甲状腺、つまり首の前の方が腫脹してきます。



詳しくは今すぐこちらをクリック

●バセドウ病とは?●

▲ ページトップ

甲状腺の病気橋本病バセドウ病無料メール講座悩み解消・喜びの声
サイトマップ個人情報保護方針リンク情報お問い合わせ

リンクについて

バセドウ病 悩み解消.COM 原因や改善対策・解消法へのリンクはご自由にどうぞ。

相互リンク随時募集中

お悩み解消・無料メルマガ

バセドウ病を解消する
無料メール講座
たった1日5分で
薬に頼らない具体的な
解消法を公開!

詳しくはこちら

症状メニュー

メインメニュー

相互リンク募集中

お問い合わせ

世界WEB標準の証明

Valid XHTML 1.0 Transitional
Valid CSS!

当サイトは、W3C勧告に従った正しい文書構成で制作されて いることが証明され、 上記バナーの使用許可を得ています。